MS、IE8で粒度の細かいプライベートブラウジングを提供

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年08月27日 03時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間8月25日、Microsoft関係者は、同社が「Internet Explorer(IE)8 Beta 2」で本当にプライベートブラウジング、別名「ポルノモード」を提供することを確認した。

 IE8 Beta 2は今週中にテスターに配布される見込みである。

 Microsoftは「InPrivate」と呼ばれるプライベートブラウジング機能で、ユーザーにオンライントラックを隠すことを可能とさせる。しかしMicrosoftはこの機能を一部が予想していたよりも粒度の細かいレベルまで引き上げる。同社はIE8 Beta 2でまた、ユーザーが特定のcookiesを――単純にすべてではなく――削除できるようにする。これにより、利用者はアクセスした証拠を削除する際に、お気に入りのウェブサイトのcookiesを維持しながら、ほかの特定のcookiesは削除するというオプションを与えられる。

 公式IE Blogの新しい記事で、Microsoft関係者はこの新しいプライバシーモードを説明した。ポルノに関する具体的な言及はいっさいなかった。同投稿からは以下の通りである:

 「自分のウェブブラウジングを『オフレコ』にしたいと思ったことはありませんか?誰かほかの人のコンピュータを使っていて、自分がどのサイトにアクセスしたかを知られたくないかもしれません。愛する人に贈り物を買いたいけど、サプライズを台無しにしたくないと思うかもしれません。あるいはあなたはインターネットキオスクにいて、次に使う人に自分がアクセスしたウェブサイトを知られたくないのかもしれません。

 「事後に自分のブラウジング履歴を削除したいのだけど、自分が頻繁に使っているウェブサイトの嗜好を失いたくない場合はどうしたらよいでしょう?

 「IE8を企画し始めたとき、顧客のウェブ上のプライバシーに関する懸念を綿密に調べました。IE7時代における当ブログでのコメントのいくつかでも裏付けられたとおり、多くのユーザーがいわゆる『肩越しのプライバシー』あるいはその配偶者、友人、子供、同僚が見るかもしれないものについてコントロールする機能に関心をもっていました。」

 このIE Blogの記事は、ほかにもIE8 Beta 2で提供され始める2つのプライバシー関連機能についても言及していた:

  • 「InPrivate Blockingは、閲覧履歴を観測することができるコンテンツについての情報を通知し、それを阻止することを可能とさせる
  • 「InPrivate Subscriptionsでは阻止または許可するウェブサイトのリストにサブスクライブすることにより、InPrivate Blockingの能力を補強することができる」

 Microsoft関係者はIE8 Beta 2では、(IE8 Beta 1の対象とされた)開発者よりも消費者にもっと焦点をあてると述べている。IE8の最終バージョンは2008年11月のリリースと予想されている。

 MicrosoftがIE8に加えるプライバシーコントロール機能について読者はどう思いますか?Safariはすでにプライベートブラウジングを提供しているが、Firefoxは提供していない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR