グーグル、「Google Suggest」をGoogle.comで利用可能に

文:Steven Musil(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年08月27日 11時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、ある機能を同社研究部門から来週にも卒業させ、同社の主要検索ページでより具体的な検索が素早くできるよう支援することを考えている。この機能は、「Google Suggest」と呼ばれ、ユーザーが検索語を入力すると、その続きの候補を頻繁に実行される検索をもとに自動表示する。

 多くのGoogleサービス同様、Google Suggestは、開発時から何年間も利用可能となっていた。同機能(のGoogle.comへの導入)は、Yahooや最近立ち上がったCuilが提供するサービスと似ており、Google Blogで米国時間8月25日に発表となった。

 Google Suggestは、2004年に20%プロジェクトとして始まったが、それ以来、Google Labs、Toolbar、 Firefox検索ボックス、MapsやWeb Searchでの国選択、iPhoneとBlackBerry、YouTubeと拡大され、Google.comに今日到達した。

 Googleは、同サービスについて、クエリを明確にし、打ち間違いを減らし、キーボードのタイプを省くのに役立つと述べている。

Google Suggestは、検索語の候補を頻繁に実行される検索をもとに提案することで検索をより素早く的確に行えるよう支援する。
提供:Google.com

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?