懐かしのWindowsブルースクリーン--その再現方法とは

文:Alex Serpo(ZDNet.com.au) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年08月29日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 かつて、Windowsの悪夢の時代にはびこっていた、Microsoftのブルースクリーンを懐かしくは思わないだろうか?その気持ちをため込んでおく必要はない。このガイドでは、自分のPCであの悪名高いエラーを再現する方法を説明する。

 注意:まず作業内容を保存すること。この手順を実行すると、あの懐かしいブルースクリーンモードになり、マシン全体が動かなくなる。この強力な手段を使ってしまうと、作業に戻るには再起動するしかない。

 われわれはVistaでしか試したことがないが、この手順は、Windows XPでもWindows Vistaでも動作するはずだ。

 まず、Windowsのレジストリを編集する。Windows XPユーザーは、画面左下にある「スタート」メニューをクリックし、続いて「ファイル名を指定して実行」をクリックする。Windows Vistaユーザーは、画面左下にある「スタート」メニューをクリックし、コマンドボックスで「run」と入力する。そして、「REGEDIT」と入力するとWindowsのレジストリが編集できる。

 ここで、かなり大きなツリーパスを辿らなくてはならない。パスは次の通りだ。

HKEY_LOCAL_MACHINE\\SYSTEM\\CurrentControlSet\\Services\\i8042prt\\Parameters

REGEDITによるDWORD値の作成
「DWORD」値をレジストリに新規に作成する

 「Parameters」ディレクトリに到達したら、新規に「DWORD(32ビット)値」を作成する。この値の名前を「CrashOnCtrlScroll」と指定し、この新しいエントリを右クリックして「修正」をクリックする。そして値のデータを「1」に変更する。

DWORD値の設定
値のデータを「1」に設定する

 レジストリエディタを閉じて、マシンを再起動する。マシンの再起動が終わったら、「Ctrl」キーを押しっぱなしにする。この際、左側の「Ctrl」キーではこの機能は作動しないので、右側のキーを使う。そして、「Scroll Lock」キーを2回押す。

 これで、ブルースクリーンが表示されたはずだ。

ブルースクリーン
再起動後、(右側の)Ctrlキーを押したまま、Scroll Lockキーを2回押せば、ブルースクリーンが表示される

 作業に戻るためには、マシンを再起動する必要がある。

 ブルースクリーンを見たいというのは、どんな場合だろうか。われわれは、リモートからのリカバリーと管理のためのツールの機能をテストするためにこれを使った。詳細については、近く記事を掲載する。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR