「iPhone」のパスコードロックに深刻な脆弱性--連絡先情報が読み取られる危険も

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、長谷睦 2008年08月28日 10時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最新の「iPhone」ソフトウェアに深刻なセキュリティホールが見つかった。たとえパスコードロックされている場合でも、その端末が他人の手に渡った場合、保存されているメールやテキストメッセージ(SMS)、ボイスメッセージが読み取られてしまうという。

 Gizmodoの記事によると、操作は基本的に、パスコード入力時に表示される「Emergency call」(緊急電話)ボタンをタップし「ホーム」ボタンをダブルクリックするだけだ。これで「iPhone 2.0.2」上の「Favorites」(よく使う項目)が表示され、アドレス帳、ダイヤルキーパッド、およびボイスメールにアクセスが可能になるという。このGizmodoの記事は「MacRumors Forum」に掲載されたセキュリティホールの情報をもとにしている。

 さらに、名前の横に表示される青い矢印をタップすれば、Favoritesに登録されているそれぞれの連絡先について、さらに詳しい情報にアクセスできる。たとえば、メールアドレスをクリックすればメールアプリケーションが起動するし、連絡先情報にあるURLをクリックすれば「Safari」が開く。そして、同じく連絡先にある「send a text message」(テキストメッセージを送る)をクリックすれば、テキストメッセージへのフルアクセスが可能になる。

 Gizmodoでは、ホームボタンのダブルクリック時の挙動を「ホーム」に設定するよう推奨している。この設定なら、たとえ端末が誰かの手に渡ったとしても、上記の操作でホームボタンをダブルクリックしてもパスコード入力画面に戻るだけだ。

 Gizmodoでは、次のファームウェアアップデートで問題のセキュリティホールが修正されるはずだとしているが、そのアップデートがいつ行われるかは不明だ。

 Appleにメールでコメントを求めたが、回答は得られなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!