1年半で190点の点数アップ--オトナの試験勉強 TOEIC編

西林雅友 2008年09月03日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 約10年前のこと。私は外資系通信会社に入社し、マーケティング部に配属されました。面接時には英語についての質問もなく、こちらも全く気にしていなかったのに…… よくある話かもしれませんが、入社して間もなく、突然マーケティングのディレクターが本社から出向してきた外国人になったのです!

 当時の私にとってはかなりの衝撃でした。私は海外留学の経験があるわけでもなく、仕事上で英語を使うとは夢にも思わなかったからです。それが周りを見渡すと、当時のマーケティング部の大半は海外に滞在した経験があり、英語が堪能な人が多かったのです。あせっているのは私を含めほんの少数派でした。

 救いだったのは、私も多少なりとも英語に興味があったのと、業務上大きな支障はなかった点です。英語を使うのは、報告資料を読んだり、承認用の資料を英語で作成する程度。しかし、これで安心してはいられません。何年後かには必要になるだろうと思い、これを機に本格的に勉強することにしました。

TOEICに挑戦

 2006年9月、まず手始めに自分の実力を知るべくTOEICに挑戦しました。結果は、リスニング320点、リーディング195点で、トータルスコアが515点。その後、「1年に何回受ける気?」と家族に言われながらもTOEICを受け続け、1年6カ月後の2008年3月に受けた6回目のTOEICで、リスニング415点、リーディング290点、トータルスコア705点を獲得しました。最初の試験から190点の点数アップです。

 これは特に自慢できるような点数ではありませんし、私自身も満足してはいません。来年には800点を取り、最終的には英語力レベルAとされる860点を目指して現在も勉強中です。

勉強法は?

 860点までの道のりはまだ遠いのですが、直近の約半年間を振り返り、効果があったと思われる勉強法をここで紹介したいと思います。特にTOEIC初心者の方には参考になるかもしれません。

 私の英語勉強は、以下の3点です。

  1. リーディング:仕事に関係する英語の記事やブログを読む
  2. リスニング:NHKのビジネス英語
  3. リーディング:英語学校

 1.については、英字新聞を都度購入し、自分の興味のある記事や仕事に関係の高そうな分野の記事を1〜2つだけ選んで読んでいます。特に大きなニュースがあった日は、なるべく買うようにしています。定期購読だと配達されるので便利ですが、毎日だと途中で嫌になってしまいそうなので、今のスタイルにしています。

 また、Tech Crunchのメールマガジンも読んでいます。これは内容も短いのでお薦めです。かなり前ですが、「梅田望夫・英語で読むITトレンド」でも勉強していました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから