Web 2.0は「使う」世界、Web 3.0では「作る」世界が実現する

藤本京子(編集部) 2008年09月02日 17時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セールスフォース・ドットコムは9月2日、同社主催のイベント「Salesforce LIVE '08」を都内にて開催した。諸事情により来日できなくなったSalesforce.com 会長 兼 CEOのMarc Benioff氏に代わり、同社 インターナショナル事業プレジデントを務めるJim Steele氏が基調講演に立ち、SaaS(Software as a Service)の優位性や今後の同社の方向性について語った。

Steele氏 Salesforce.com プレジデントのJim Steele氏

 Steele氏は、SaaSモデルのキーは「電力や水道のようなユーティリティと同様、マルチテナント性であること、そして重量課金制であることだ」と話す。ユーザーは、前もって設備をすべて購入する必要はなく、インフラを管理する必要もない。未使用部分のサーバやストレージに投資する必要もなく、「ユーザー数に応じて、使いたい分だけ支払えばいいので効率的だ」と話す。

 Steele氏はまた、Salesforce.comがイノベーションにフォーカスし、9年間で26回ものメジャーリリースを行ってきたことをアピールする。「これほどのメジャーリリースは、通常のソフトウェアであれば何十年もかけなければできないことだ」とSteele氏。もちろんユーザーは、自ら新機能をインストールする必要もなく、Salesfoce.comの画面にアクセスすれば自動的に新しいバージョンが利用できる。

 1999年の米国本社創業以来約10年、こうしてSaaS企業として成長を続けた同社は、次の10年どのように成長していくのだろうか。Steele氏は「SaaSのみならず、PaaS(Platform as a Service)企業としても業界をリードする立場になりたい」と話す。SFAやCRMなどのアプリケーションをウェブで提供することから始まった同社だが、すでにアプリケーションのみならず、Force.comという開発プラットフォームを提供し、ユーザーが自由にアプリケーションを開発できる場を与えている。

 「Web 1.0では、すべてのユーザーが自由にウェブにアクセスできるようになった。Web 2.0では、すべてのユーザーが情報発信できるようになった。次にやって来るWeb 3.0とは、すべてのユーザーが革新を実現できる世界のことだ」(Steele氏)

 つまり、Web 1.0は「見る」だけの世界だったのが、Web 2.0で「使う」世界が実現し、Web 3.0で「作る、自由に加工する」世界が実現するというのだ。Web 3.0の例としてSteele氏は、Amazon Webサービス(AWS)やFacebook、Googleなどを挙げ、「ビジネスアプリケーションの世界では、唯一Force.comがWeb 3.0に匹敵するプラットフォームだ」としている。

 Salesforce.comは、8月に2009年度第2四半期の業績を発表し、売上高が前年同期比49%増の2億6300万ドルとなった。同社の2009年度年間の売上高は、ついに10億ドルを超える見通しだという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?