オラクル、アプリケーション管理ソフトのClearAppを買収へ

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、高森郁哉 2008年09月03日 13時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleは米国時間9月2日、アプリケーション管理ソフトウェアを手がけるClearAppを買収する計画を発表した。

 買収手続きは2008年中に完了する見込みで、Oracleの「Enterprise Manager」製品群の拡充を目指す。ClearAppの技術は、サービス指向アーキテクチャ(SOA)プラットフォーム上に構築されたアプリケーションを顧客が管理できるよう設計されている。

 ClearAppのソフトウェアは、企業のビジネスサービスについてより広い視野を提供し、関連するアプリケーションコンポーネントのすべてを把握できるようにするものだ。

 「顧客がより多くのSOAベースのアプリケーションを実装するに伴い、それらを効果的に管理するタスクが非常に重要になる」と、Oracleでアプリケーションおよびシステム管理部門のバイスプレジデントを務めるLeng Leng Tan氏は声明で述べた。

 買収の金銭的な条件は明らかにされていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?