企業ITの船長は誰? 何を頼りに船を進める?

エリック松永 2008年09月05日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまでご紹介してきたバズワードと経営との係わりを復習すると、戦略を策定したり軌道修正したりするための重要な情報をリアルタイムに提供するのがBI(Business Intelligence)、そして戦略をアクションにするスピードを加速させるのがSOAやSaaSとなります。ITの役割がある業務の部分最適であった時代から、大きく戦略の一部としてかかわるようになったといわれる割には、これらのバズワードが部分最適にすぎないことにお気づきでしょうか。ITを考えるにあたり、もっと大事なものがあるのです。

 部分最適も大事ですが、一番重要なのは大きな戦略をどうITに落とし込んでいくかという全体を見渡せる大きな視野です。企業を船に例えればチャート(海図)といえるでしょう。このチャート(海図)なくして、航海を行うのは自殺行為です。しかし現実のITの世界ではもう何年もチャート(海図)なきまま、航海をしています。方向の定まらないITの部分最適の歴史が、結果的にITのブラックボックス化という悪しき状況を生んでしまいました。

 経営者はよくITの投資効果が見えないといいますが、それはITに詳しいとかそういう問題ではなく、経営者が気づかないところで無数の部分最適が部門ごとに行われているからです。最悪の場合はドキュメントさえきちんとの残っておらず、力技でトレースする事すら出来ないようなシステムも珍しくありません。企業という船の命を預かる船長(経営者)がチャート(海図)も作成せず、思ったように船が進まないと言っているわけです。船長はきちんとチャート(海図)を作成し、きちんと目的地に着くように全体を管理しなければなりません。その時にわからないでは済まないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから