マイクロソフトのイメチェンCM第1弾が放送される

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年09月05日 14時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間9月4日、NFLのシーズン開幕戦の最中に、Microsoftは同社のイメージ刷新を助けるためにCrispin Porter + Boguskyに3億ドル以上を支払って製作した広告シリーズの第1弾を放送した。

 以下がYouTubeにより提供された、同コマーシャルである:

 Appleに関する言及は一切なく、見え隠れすらしていない。そしてWindowsについては間接的に言及されているだけである。

 誤解しないでほしいが、筆者は「Wow Starts Now」のようなものを求めているのではない。しかし、Microsoftの消費者によるイメージを再建することを意図された、スターが勢揃いの広告シリーズの第1弾に、あっと言わせられることはなかったのだ。

 機能やパフォーマンスだけの広告と、Microsoftあるいは同社の製品について何も触れない広告との間に、何らかの折衷案はできなかっただろうか?

 Microsoftのイメチェンキャンペーンの広告第1弾について、読者はどう思いますか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!