MS、研究部門「Microsoft Startup Labs」を新設へ--自社サイトに求人広告を掲載

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:佐藤卓、高森郁哉 2008年09月08日 10時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ZDNet.comでMary Jo Foley氏がすでに伝えているように、Microsoftがまた新たな「ラボ」(研究部門)を立ち上げる。

 この新研究部門は「Microsoft Startup Labs」という名称で、米国時間9月5日に掲載された求人広告によれば、Microsoftのチーフソフトウェアアーキテクト、Ray Ozzie氏のグループに属するという。この求人広告にはほかに詳しいことは掲載されていないが、「ライフサイクルのさまざまな段階における複数の製品開発プロジェクトに取り組む予定」と書かれている。

 Startup Labsは、個別の事業部門が抱える、Microsoft Live Labs、Microsoft adCenter Labs、Microsoft Office Labsといった一見同じような他のプロジェクトと協力することになる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!