グーグル、最新版「Gmail」でInternet Explorer 6に対応

文:Stephen Shankland(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年09月08日 17時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このところ、ブラウザ市場ではたくさんの動きがある。Googleは「Google Chrome」を発表したばかりだし、「Firefox 3.1」も数カ月以内に登場する予定だ。Appleは「Safari」が「Windows」の世界に広まることを願い、その一方で、Microsoftは「Internet Explorer 8」(IE8)のベータ2版を売り込んでいる。

 しかし、非常に多くのインターネットユーザーが今なお「Internet Explorer 6」(IE6)を使っている。2001年に発表されたこのブラウザ向けに、Googleが「Gmail」の新しいバージョンをリリースしたのは、このためだろう。

 GoogleのエンジニアであるJon Perlow氏は米国時間9月5日、GoogleのGmailブログで、今回のアップデートにより、IE6ユーザーはメッセージのカラーラベル、「Gmail Labs」機能、「AOL Instant Messenger」との統合、インスタントメッセンジャー(IM)の不可視モードを利用できるようになると述べた。このアップグレードにより、IE6ユーザーはFirefox 3、IE7、Safari 3のユーザーと同じ機能を利用できるようになる。

 このほかにもGoogleは、IE6でJavaScriptプログラムを実行したときのメモリ関連のパフォーマンスの問題を含む複数の問題に関して、MicrosoftのIEのエンジニアと協力し、IE6ユーザーにとって問題の原因となっていたユーザーインターフェース機能の一部を取り除いた述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから