個人だけじゃない--企業だってマイクロブロギングで短くつぶやいてみる

文:Natasha Lomas(silicon.com)  翻訳校正:村上雅章・野崎裕子 2008年09月10日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--マイクロブロギングだって?それってとても短いブログのことだよね。世の中にあるブログの多さを考えると、短いというのは確かに魅力的に思えるな。

 その通り。つぶやき、つぶやき(tweet, tweet)・・・。

--え?何をぶつぶつ言っているんだい?

 Twitterしてるんだよ。

--日本語で話せよ!

 マイクロブロギング界の言葉で話してるのさ。Twitterは今あるマイクロブロギングサービスの中で一番人気があるんだよ。で、「つぶやき」っていうのはTwitterユーザが投稿するアップデートのことなんだ。

--アップデート?

 Facebookのステータスアップデートにちょっと似ているかな。でもTwitterユーザー、インテリ風に表現するとTwitteratiは「いまなにしてる?」という質問への答えを投稿するよう求められるんだ。だからFacebookのステータスアップデートでは難しい秒単位の即時性につながっていくのさ。つぶやきとは、君が今まさに何をしているのかということを、みんなと共有するためのものと言ってもいいかな--例えば、今どこにいるのかや、映画館で今観ている映画、あるいはお昼ご飯に何を食べているのかといったことさ。

 つぶやきは君のTwitterホームページ上に即時に表示されるとともに、君を「フォロー」しているその他のTwitterユーザーにも送り届けられるんだ。アップデートは140文字以内に限られているため、簡潔に書くことが重要だね。

--もっと教えてくれないかな。

 つぶやきの内容はたいてい、ユーザーが今行っていることや目にしたこと、考えたことだ--例えば「道向こうにある小さな公園でコオロギがたくさん鳴いているのが聞こえる。マンハッタンの商業地区で聞くのは変な感じがするけれど、美しい音色だ」というのは、僕がさっき、感じたことをそのままつぶやいた内容だし、英国首相官邸の公式Twitterでは「ゴードン・ブラウンはアフガニスタンの一座(訳注:原文では、駐留部隊を意味するtroopsがタイプミスでtroupsになっている)を訪問した後、今はカルザイ大統領と会談中。もうすぐ記者会見」なんていうのもあるわけさ(タイプミスも含めてありのままを引用)。

 つぶやきに返信することもできるよ。だから、感じたことを一方的に発信したことがきっかけで会話に発展することも多いんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード

関連ホワイトペーパー

SpecialPR