Googleがシングルサインオンサービスのセキュリティホールに対処

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年09月11日 07時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleがGoogle Appsのシングルサインオンサービスの実装上のセキュリティホールを修正した。これは複数の研究者から指摘されていたもので、リモートの攻撃者がこの問題を利用してGoogleのアカウントにアクセスできるというものだった。

 このホワイトペーパーで説明されていた今回の脆弱性は、SAML Single Sign-On Service for Google Appsに影響のあるものだ。

 US-CERTの通知では、この問題を次のように説明している。

 悪質なサービスプロバイダーは、ユーザーのGoogleアカウントや、他のIDプロバイダによって提供されているサービスにアクセスできる可能性があった。

 GoogleはSSOの実装の処理を変更することにより、この問題を修正した。管理者と開発者は、正しい受信者フィールドを提供するために、IDプロバイダを更新する必要があった。

 この脆弱性を悪用するためには、攻撃者はユーザーに自分のサイトにログインさせる必要があった。(Heise Securityの示唆に感謝する)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから