東芝、業界最大記憶容量240Gバイトの1.8型HDDを発表

文:Dong Ngo(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、長谷睦 2008年09月11日 11時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は日本時間9月10日、2種類の1.8インチ(1.8型)ハードディスクドライブ(HDD)を発表した。シングルプラッタモデルの「MKxx31GAL」シリーズと、デュアルプラッタモデルで1.8型としては世界初となる240Gバイトの記憶容量を持つ「MK2431GAH」の2種類で、シングルプラッタモデルのシリーズには、120Gバイトの「MK1231GAL」と、80Gバイトの「MK8031GAL」がある。

 一般に、1.8型のHDDはスモールフォームファクタのポータブルHDDに分類される。ただしこの分野の標準サイズは2.5インチで、1.8型は主に携帯型メディアプレーヤーやビデオカメラ、および超小型のモバイルPCに使用されている。

 東芝の新しい2種類のHDDは、インターフェースにパラレルATA(PATA)を採用し、120Gバイトおよび240Gバイトモデルについては1平方インチあたり344Gビットという業界最大の面記録密度を実現している。また、記録方式には、2005年に初導入され、現在第4世代にあたる垂直磁気記録技術が使われている。

 新しい1.8型のHDDシリーズは、機構およびファームウェアについても設計を一新し、耐久性を向上させるとともに、PCの内蔵HDDとしての用途だけでなく、薄型のモバイル機器にも非常に適したモデルとなっている。特に240Gバイトのデュアルプラッタモデルは、軽量のモバイルPCやハイエンドのデジタルビデオカメラに適している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR