アドビ、Linux版「AIR」のベータ版を公開

文:Matt Asay(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年09月17日 11時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは米国時間9月16日、「Adobe AIR」がLinux上で稼働可能になったことを発表した。AIRは、ウェブとデスクトップを1つにするリッチインターネットアプリケーション(RIA)の開発を可能にするクロスプラットフォームなランタイム。AIRがLinuxで利用可能なることで、革新的アプリケーションをLinuxで使用するための障害がまたひとつ減ったことになる。

 Linux用AIRはまだベータリリースなため完全ではない。サポートされるディストリビューションは、「Ubuntu 7.10」「Fedora 8」「OpenSUSE 10.3」のみで、一部機能も不足している。しかし、手始めとしてはかなり良いものとなっている。Adobeでは次のように述べている。

 「この開発者向けリリースのAIRは、Linux用に実装される機能をすべて持っているが、DRMとインストールバッジはサポートしていない。主な新機能としては、システムトレイアイコン、キーボードショートカット、ローカライゼーション、インターナショナル化された入力(IMEサポート)、ファイル形式登録、HTML内のSWFとPDF、マルチモニタサポート、フルスクリーンモード、暗号化されたローカルストレージ、V4L2カメラおよび印刷サポートなどがある」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから