IBM、「ソーシャルソフトウェア」専門の研究センターを新設

文:Caroline McCarthy(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、長谷睦 2008年09月18日 12時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 長年ハイテク業界を主導してきたIBMが、マサチューセッツ州ケンブリッジに新たな研究センターとして「IBM Center for Social Software」を開設すると発表した。消費者向けウェブアプリケーションから企業向けのコミュニケーションツールに至る「ソーシャルソフトウェア」の開発拠点となるという。開設にあたり、Dow JonesおよびThomson Reutersの医療関連部門に所属する研究者が「企業レジデント」として同施設に駐在することに同意している。

 IBMの発表によると、IBM Center for Social Softwareは「新しいタイプの共同研究環境を構築してソーシャルソフトウェアに関して最も困難な問題に取り組み、新しいビジネスモデルを確立し、次世代のWeb 2.0アプリケーションの創出を支援し、人々がバイラル(口コミ)コミュニティーを形成する理由とその過程、ならびにこうしたコミュニティーがわれわれの日常生活に与える影響を見極める」という壮大な課題に取り組むという。

 IBMは今後、この新センターにおけるプロジェクトで、政府機関や他の企業、大学や研究機関、ならびにベンチャーキャピタルコミュニティーとも協業していく計画だ。同センターのパートナーになると従業員を同施設に派遣することが可能になり、IBMの研究者と共に、企業の社内ネットワークからソーシャル検索や検出、クラウドコンピューティングに至るさまざまな研究プロジェクトに参加できる。

 IBMフェローで同センターのディレクターに就任するIrene Greif氏は米国時間9月17日、声明で次のように述べた。「Center for Social Softwareは、ソーシャルコンピューティングコミュニティーと当社の顧客が、現在開発されている最も革新的なソーシャル技術に関して共同研究できるチャネルだ。われわれはこのセンターが、トップクラスのソーシャルコンピューティング技術者が世界中から集まり、協力して研究に取り組み、革新をもたらす場になると考えている」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR