ブランドランキング、グーグルが躍進--トップ10入り

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年09月19日 11時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 年次の優良ブランド調査によると、Googleのブランド価値は2007年の20位から2008年は10位に上昇したという。同社以外でベスト10入りしたIT技術系企業はわずかに4社だった。

 Microsoftは2位から3位に順位を落とし、IBMに抜かされると結果となっている。この順位は、BusinessWeekとInterbrandが実施した調査の結果で、売上予想により決定されるブランド価値に基づいている。

 Googleの大幅な上昇は、同社価値が43%増で256億ドルに達したため、と調査では述べている。Appleが24位につけており、同社ブランド価値は24%増の137億ドルとなった。

 Coca-Colaが首位を固持しており、ブランド価値は667億ドル。しかし、IT技術系企業も健闘しており、Nokiaが5位、Intelが7位、Hewlett-Packardが12位、Ciscoが17位、サムスンが21位、ソニーが25位となっている。

ブランド順位 提供:BusinessWeek/Interbrand

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!