シスコ、IMソフト開発企業のJabberを買収へ

文:Matt Asay(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年09月22日 12時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Cisco Systemsは米国時間9月19日、インスタントメッセージング(IM)ソフトウェア開発企業のJabberを買収する計画であることを発表した。

 しかし、ZDNetのLarry Dignanが指摘している通り、このニュースの実際の中心的話題は、CiscoとMicrosoftの間で激化するコラボレーション分野をめぐる争いだ。Jabberは、同社のウェブサイト上でオープンソースについてはほとんど触れておらず、代わりに「オープンスタンダード」に焦点を当てている。

 しかし、これは妥当だ。というのも、Jabberがほぼ完全なオープンソースソリューションであったことはこれまでにないからだ。同社は、オープンなJabber技術を採用しているが、同社製品は必ずしもオープンソースではない。

 今回の買収条件は明らかにされていないが、Ciscoにとってはごく小さな買収の1つではないかと筆者は考えている。Jabberは優れた技術を開発しているが、同社がその技術で大きな利益を上げているという話は聞いたことがない。同社が2008年に発表したと見られる唯一の顧客が米国海兵隊だ

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!