米ヤフーのZimbraメールプログラムに問題--パスワード流出の危険性

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年09月30日 11時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Zimbraクライアント経由で米Yahooメールにアクセスすると、パスワードがテキストとしてインターネットに流出する、とカナダのプログラマーが明らかにした。

 この問題は先週、ウォータールー大学で開催のYahoo University Hack Dayに参加のHolden Karau氏が偶然発見した。

 Karau氏は米国時間9月26日、「Yahoo Desktopで使われるYahoo imapサーバはSSLをサポートせず、パスワードがプレーンテキストで送信されていた」とブログで明らかにした。

 「これが何を意味するか?もし、YahooメールへのアクセスにZimbraを使っているなら、ほぼ間違いなくパスワードを変更する必要があり、(特に、無線を使っている場合)Zimbraの使用を直ちに止めるべきだ」(Karau氏)

 Karau氏は、自分のプレゼンテーションでYahooに問題を知らせたが、誰も心配していないようだった、とZimbraのフォーラムに投稿している。

 Zimbraの関係者がそのフォーラムの別の投稿で、「この問題は既にコードで対処されており、修正は次のリリースとなる」と書いている。

 Yahooの広報担当者は、問題を確認すると述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!