グーグル、Mac OS X対応ソフト向けにオープンソースアップデータをリリース

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟 2008年10月01日 06時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、プログラマー向けに、Mac OS X対応のソフトウェアを最新の状態に保つ上で役立つ、オープンソースのソフトウェアプロジェクト「Update Engine」をリリースした。

 Update Engine開発チームのプログラマーであるGreg Miller氏は、米国時間9月29日に公式ブログ上で、「Cocoaアプリケーション、設定ウインドウ、スクリーンセーバーなど、あらゆる対象の更新に、Update Engineは対応する。さらに、任意のファイルなどの変則的な対象の更新も可能なほか、カーネルの拡張といった、根本的なアップデートなどにも対応する。なによりもUpdate Engineでは、1つの製品アップデートと同じくらい容易に、複数製品のアップデートが行える」と記した。

 Update Engineプロジェクトは、Googleのオープンソースサイト上にホストされる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?