Zoho、アプリケーションストア「Zoho Marketplace」をローンチ

文:Caroline McCarthy(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年10月01日 17時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 生産性アプリケーションを提供するZohoは、「Google Apps」との競争という難しい立場にある。Zohoはそれでも、前進して新しいサービスを提供している。

 Zohoが米国時間9月30日にローンチした「Zoho Marketplace」は、その好例だ。Zoho Marketplaceを通じて、Zohoユーザーは「Zoho Creator」を利用して構築したアプリケーションを販売できる。Zoho Creatorは、ドラッグ&ドロップで制作できるアプリケーション開発ツール。

 開発者は、Zoho Creatorで構築したアプリケーションをZoho Marketplaceに掲載して、課金することができる。Zohoはアプリケーションの売り上げから手数料を取らない。

 Zohoは、Zoho Marketplaceで一攫千金モデルを作ろうとしているわけではない。同社は、「市場ではみかけないが、特別な状況や事例に応じて必要となるアプリケーションがたくさんある。しかし、ニーズは使用事例や個々の企業/個人に特有であるため、そのようなソフトウェアを提供するとなると、ベンダーにとって十分な市場ではない」と説明している。

 Zoho Marketplaceのローンチにあわせ、ZohoはZoho Creatorの最新バージョン「Zoho Creator 3.0」もリリースしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!