オラクル、小売業者向け3DソフトウェアのAdvanced Visual Technologyを買収

文:Mike Ricciuti(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年10月02日 15時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleは、小売業者向けの3Dスペースプラニングソフトウェアを開発するAdvanced Visual Technology(AVT)を買収し、自社の小売業界向けソフトウェアラインアップを拡充する。

 英国ハートフォードシャーを拠点とするAVTは、「Retail Focus」という製品を販売している。小売業者が店舗フロアや棚の配置を計画するための製品だ。アドオン製品である「Retail Focus Merchandiser」は、小売スペースの3D画像を提供し、その中を仮想的に「歩きながら」計画することができるものである。

 買収条件は明らかにされていない。Oracleによると、買収は2008年後半に完了する予定だという。

 Oracleは、AVTの従業員と幹部を同社のRetail Globalビジネスユニットに加える計画である。AVTの製品は、「Oracle Retail」のアプリケーションスイートに統合される予定。同社は、AVTの製品を統合することにより、小売業者はさらによくスペース配分とモニタリングができるようになり、利益を増大させることができると述べている。

AVTのRetail Focus Merchandiser。
提供:AVT

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから