Android搭載の「G1」、初期出荷台数は50万台と予測

文:Marguerite Reardon(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟 2008年10月03日 06時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 台湾のニュースサイトCENSは、T-Mobile USAが、Googleの「Android」OSを搭載する新発表の携帯電話「G1」を、2008年第4四半期中に40万〜50万台販売する計画であることを明らかにした

 さらに、社内関係者からの情報として、T-Mobileは、G1の製造メーカーであるHTCに対し、新たに200万台を発注する予定であるとも伝えられている。これは、HTCにとっては、第4四半期から2009年にかけて、大きく売り上げを伸ばす要因となる可能性がある。

 T-Mobileは、米国内で10月22日に、179ドルでG1を発売する。タッチスクリーンとGPSナビゲーション、また豊富なソフトウェアインターフェースを特徴とするG1は、これまでAppleの「iPhone」と比較されてきた。

 第4四半期中に50万台を販売するという予測数でも、初代iPhoneの売れ行きに、Android搭載の携帯電話は及ばないだろう。Appleは2007年夏に、初代iPhoneを発売と同時に、同四半期中に約100万台出荷した。とはいえ、G1の50万台(という発売台数)は、決して軽視すべき数字ではない。もしこのペースで販売が続くならば、Androidの開発者たちには、新たなアプリケーションを投入する上でも、確かに十分な市場規模があることを意味するものとなる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?