日本IBM、ミッドレンジメインフレーム「System z10 Business Class」を発表

田中好伸(編集部) 2008年10月22日 21時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは10月22日、ミッドレンジメインフレーム「IBM System z10 Business Class」(System z10 BC)を発表した。最小構成価格は2600万円で出荷開始は10月28日の予定となっている。

 System z10 BCは、既存のミッドレンジ「IBM System z9 Business Class」(System z9 BC)に比べてCPUの動作周波数が3.5GHzと2.5倍向上、搭載できるCPUの数も1ユニット10個と1.25倍増加している。System z9 BCではCPUがデュアルコアであるのに対して、System z10 BCのCPUはクアッドコアになり、1秒間あたりの命令処理数は最大で27億6000万回(2760MIPS)と約1.5倍になっている。

 メモリーはサイズが約2倍の256GBになり、内部バス速度も向上させたことで、大規模サーバとしての活用に向いているとしている。処理能力は26MIPSから2760MIPSまで130段階にセットできることから、中堅企業から大企業にまで対応可能としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?