マイクロソフト、緊急セキュリティパッチをリリース

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年10月24日 01時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今日は「Patch Tuesday」ではないが、Microsoftは「Critical(緊急)」と表示されたWindowsセキュリティパッチを米国時間10月23日木曜に配布する。

 Microsoftはすべてのセキュリティフィックスやパッチをひとまとめにして、月に1回配布しようと努めている。しかしときおりMicrosoftは通常の周期外でもパッチをリリースすることがある。これはバグが非常に深刻なためにその必要性を正当化するためだ。(IDG News Serviceによると、Microsoftが最後に臨時のパッチをリリースしたのは2007年4月に遡るという。)

 MicrosoftはこのWindowsパッチを太平洋標準時で午前10時にリリースする予定だ。Microsoft Security Response Centerブログの記事によると、同社はこのパッチに関する詳細を太平洋標準時で午後1時にウェブキャストで取り上げる予定であるという。

 Microsoftはこのパッチについて、「Windows 2000」「Windows XP」「Windows Server 2003」システムにただちに適用されるべきだというほかは、詳細をあまり明らかにしていない。同社によると、このパッチが適用される不具合は「Vista」と「Windows Server 2008」のユーザーにとっては問題性がさほど大きくないという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!