Firefox 2.0に迫る「寿命」

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年10月30日 05時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もしまだFirefox 3にアップデートしていないのであれば、MozillaはFirefoxの古いバージョンのサポートを間もなく終えようとしていることを念頭に置いておいた方がいい。

 セキュリティと安定性に関するパッチを含むFirefox 2に対するサポートは、Firefox 3の公開(2008年6月17日)の6ヶ月後に終了する予定になっている。つまり、Firefox 2の寿命は12月の半ばということになる。

(参照:Talking Firefox security with Mozilla’s Window Snyder

 MozillaはまだFirefox 2に対する活動の終了日を決定していないが、この最終日を延長しなくてはならない「要件や問題」があるかどうかという議論を始めている。現在の計画では、次のFirefox 2に対するパッチが、このバージョンの最後のアップデートになる。

 MozillaのMike Beltzner氏によれば、Firefoxユーザーの中で古いバージョンのブラウザを使っているのは3分の1に過ぎないという。

 現在、われわれのユーザーの3分の2がFirefox 3を使っており、50%以上が8月末に行った最初の大型アップグレードを受け入れている。われわれはHendrixやその他の情報源からなぜ他の人々がアップグレードしないことを選んだかを理解しようとしており、それらのバグが修正されたことを確実にしようとしている。

 Firefox 3は、アンチマルウェアブロック機能や改善されたWebの偽造に対する警告機能などを備えており、Firefox 2よりも大きくセキュリティが向上していると考えられている。

 参照:Firefox急遽プライベートモード追加へ:Mozillaの焦り?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR