Azure、Windows 7、そしてServer 2008 R2--MS最新動向が分かるPDC&WinHECハイライト

ZDNet Japan編集部 2008年11月07日 20時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ラウンドアップ】  Microsoftが米国時間10月27日より開催したProfessional Developer Conference(PDC)、および11月5日より開催したWindows Hardware Engineering Conference(WinHEC)では、同社の未来を賭けた新技術、新製品に関する数多くの発表が行われた。中でも、満を持して正式に発表されたクラウドプラットフォーム「Azure」、Vistaの後継となるクライアントOS「Windows 7」、そのサーバ版となる「Windows Server 2008 R2」に関する情報はハイライトと言ってもいいだろう。両カンファレンスで明らかになった、Azure、Windows 7、Windows Server 2008 R2の新情報に関する記事をラウンドアップとしてまとめた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?