グーグル、「Chrome」の開発者向け最新版を公開--ブックマーク管理が容易に

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年11月13日 11時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが開発者向けの更新版「Google Chrome 0.4.154.18」をリリースした。新版ではブックマークの管理がしやすくなっている。

 これまでのバージョンのChromeブラウザでもブックマークのインポートは可能だったが、更新版ではBookmark Managerが利用できるようになった。Chrome Program ManagerのMark Larson氏は、新版を発表する電子メールで「ブックマークの検索、フォルダの作成、新ロケーションへのブックマークのドラッグ&ドロップができるようになった」と述べている。

 開発者向けのリリースのため、新版を入手できるのは、「Google Chrome Dev channel」を購読する人のみ。

 新版ではポップアップブロッカーも変更されている。以前まで「(個々の)ポップアップは、作成されたタブ内の右下に最小化されたウィンドウとして表示された」が、今回はブロックされたポップアップの数と、特定のポップアップウィンドウを必要に応じて開くためのメニューが表示される。

 Googleによると、「『ダウンロードしたHTMLファイルがPCのほかのファイルを読み込んでインターネットサイトに送信する』可能性を誘発する、深刻度『中』レベルのセキュリティ問題も修正された」という。

 リリースノートで、スペルチェックを無効化するオプションの追加、日本語入力の改善などについて、詳細な情報を入手できる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから