Chromeにデータ盗難の危険がある脆弱性

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年11月15日 11時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、ユーザーをデータ盗難の危険にさらす可能性のある2件のセキュリティ上の問題を修正する、新しいバージョンのChromeを開発者に公開した。

 この問題は、「中程度」のリスクと評価されており、ハッカーがHTMLファイルを使って被害者のマシンから任意のファイルを盗むことができるというものだ。

 以下にその詳細を示す。

 r4188およびr4827は、ダウンロードされたHTMLがユーザーのコンピュータ上の他のファイルを読み込み、それをインターネット上のサイトに送ることができる問題を修正するものだ。現在では、ローカルファイルがXMLHttpRequest()を使ってネットワークに接続することを禁止し、HTMLファイルをダウンロードする際にユーザーに確認するよう修正されている。

  • 深刻度:中程度。ユーザーがダウンロードされたHTMLファイルを開くように誘導された場合、このセキュリティホールが利用され、任意のファイルが攻撃者に送られる可能性がある。

 このパッチは、最終的にはChromeの自動アップデート機能を通じて公開されることになる。このバージョンでは、ブックマーク機能とポップアップブロック機能に関する新機能も追加されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!