AppleがGoogleと協力してSafariにアンチフィッシング機能を追加

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年11月18日 05時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleはひそかにGoogleとチームを組み、最新バージョンのSafariにアンチフィッシング機能を追加していた。

 この機能は、Safari 3.2ではデフォルトで有効になっており、Safariのユーザーが詐欺サイトを訪れた際に警告ページを表示する。この機能はGoogleの偽造ウェブサイトのブラックリストを活用している。これらの偽造ウェブサイトは、インターネットバンキングやその他の金融関係のウェブサイトのユーザーの認証情報を盗むために使われている。

 (参照:Apple fixes 12 Safari security flaws

Safariのアンチフィッシング機能

 以下に示すのが、ユーザーがフィッシングサイトを訪れた際にSafariが表示する警告メッセージだ。

Safariのフィッシングサイトに対する警告メッセージ

 主要なウェブブラウザ提供企業の中で、アンチフィッシング保護機能を追加していなかったのはAppleだけだった。MicrosoftのInternet Explorer、MozillaのFirefox、そしてOperaはすべて、エンドユーザーに対する警告の仕組みを提供している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから