モジラ、「Firefox 2」のサポートを終了へ

文:Matthew Broersma(ZDNet.co.uk)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年11月18日 19時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozilla Foundationは、「Firefox 2」のサポートを2008年12月半ばに終了する計画だ。

 Firefox 2の「End of Life(EOL)」計画は、新しいバージョンのリリースから6カ月後に前のバージョンの製品のサポートを終了するMozillaの方針の一環だ。この方針は、Mozillaの開発者が2008年6月半ばにリリースされた現在のブラウザのバージョンであるFirefox 3に注力できるようにするためのものだ。

 ユーザーにとって、この方針は、既存バージョンのセキュリティおよび安定性に関するアップデートの終了と、新機能のリリースの終了を意味する。

 Mozillaはこの動きについて、ソフトウェアの旧バージョン専用のウェブページで、「Firefox 2.0.0.xに対しては、2008年12月半ばまで、セキュリティおよび安定性に関するアップデートが提供されるが、すべてのユーザーにFirefox 3へのアップグレードを強く勧める」と述べている。

 Firefox 2は今なお、新しいリリースで相当な数のバグフィックスを受け取っている。先週、MozillaはFirefox 2.0.0.18とFirefox 3.0.4をリリースして、複数のセキュリティ上の脆弱性に対応したが、そのうちの半分は「深刻」にランク付けられていた。Mozillaの現在の計画では、Firefox 2のアップデートのリリースはバージョン2.0.0.19で終了することになる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?