マイクロソフト、ヤフーから検索部門VPを引き抜く

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年11月22日 01時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 うわさは本当だった:MicrosoftはYahooからSearch Technology部門のバイスプレジデントを務めるSean Suchter氏を引き抜いた。

 Microsoftは米国時間11月20日、同社のSearch, Portal and AdvertisingシニアバイスプレジデントであるSatya Nadella氏による以下の声明を発表した。

 「Sean Suchter氏がLive Searchに取り組むためにMicrosoftのSilicon Valley Search Technology CenterのGM(General Manager)として加わることを発表できて嬉しく思います。Sean氏は12月22日に就任し、Harry Shum氏の直属となる予定です。Suchter氏をMicrosoftに迎える日を楽しみにしています。」

 All Things D’sのKara Swisher氏は今週に入り、Suchter氏がYahooの検索への取り組みにとって重要な貢献者であったとブログで述べていた。Suchter氏は同氏の仕事をLinkedInで説明しているとSwisher氏は指摘している:

 「私はYahooのウェブサーチエンジンを、その成功に向けた全体的な責務を担って運営している。これにはエンジニアリング、製品責任、安定動作、結果品質、資本支出、収益(ペイドインクルージョンプログラムからの)が含まれる。」

 ふむ。Microsoftは結局、Yahooの検索ビジネスを買収する必要はないかもしれない…。Yahooにまだ残されている検索関連の才能をもっと引き抜くことになれば、なおさらのことだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!