マイクロソフトは世界で5番目にスパムに優しいISP

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年11月25日 08時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スパム業者はMicrosoftのオンラインサービスを悪用している。その水準はスパム対策を行っている非営利組織が、Microsoftを世界でスパムに優しいISPのワースト5位に挙げるまでになっている。

 Spamhaus.orgが作成している世界のスパムネットワークの上位リストの最新情報では、Microsoftを5位としており、その理由として電子メールによるナイジェリア詐欺などに関する26件の「既知のスパム関連問題」を挙げている。以下にスクリーンショットを示す。

spamhaus.orgのスパムISPリスト

 Spamhausのコメントが、Microsoftの問題を明らかにしている。

  • 何ヶ月もLifeFileStoreの悪用が続いているが、それを止めようとする動きはほとんど見られない。
  • livefilestore.comは何万件もハックされている。
  • spaces.live.comがスパム業者に使用され、悪用されている。
  • 「Pump and Dump」スパム(株価操作詐欺スパム)がHotmailによって匿名化されている。

 Security FixのBrian Krebs氏がこの話題について最初に報じた

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから