マイクロソフト、「Vista SP2」のベータテストを拡大

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、高森郁哉 2008年12月03日 10時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間12月2日、同社OS最新版「Windows Vista」の第2修正版「Windows Vista Service Pack 2(SP2)」のより広範なテストの準備が整ったと発表した。SP2には、バグの修正およびパフォーマンス改善に加えて、Blu-rayと「Bluetooth 2.1」のサポートを追加し、同社のデスクトップ検索技術の最新版「Windows Search 4.0」を組み込む予定だ。

 MicrosoftのバイスプレジデントMike Nash氏は、ブログ投稿の中で、Microsoftは関心のあるすべての人にカスタマープレビュープログラム(CPP)を提供するが、全員がテスト版のSP2をダウンロードする必要があるわけではないと述べた。

 「(テスト版は)技術マニアや開発者、IT専門家たちを想定したもので、最終版リリースに先立ち、SP2を自身の環境で手持ちのアプリケーションと組み合わせてテストしたい人に向いている。われわれが大半の顧客に最もふさわしいと思うアドバイスは、最終版リリースまでこのサービスパックのインストールを待つべき、というものだ」とNash氏はブログで述べた。

 Microsoftは2008年10月下旬、アップデートの限定テストをまもなく開始すると発表していた。

 Nash氏によると、Vista SP2は順調に進んでいて、2009年6月末までにはリリースできる見込みだという。「今日現在、予定は順調に進んでいて、2009年前半にはWindows Vista SP2を出荷できそうだ」(Nash氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?