ブログでどう書かれようと、Macには今後マルウェアが登場する

文:Adam O'Donnell(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年12月04日 01時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleがMacにアンチウイルスソフトウェアを導入することを推奨する告知を掲載したことで、取り乱している人がいるようだ。該当する記事は取り下げられてしまったが、私はAppleがMacユーザーにいずれ広がるであろうマルウェアに対する準備をさせようとするのは、いい考えだと思う。Macの基本設計のおかげで、Macはウイルスを引きつける標的にはならないと考えている人は、完全に間違っている。

 何人かの記者ブロガーは、AppleがMacユーザーは複数のアンチウイルスソフトウェアを使うべきだと書かれた知識ベースのエントリの出現に飛びついた。この知識ベースの記事は取り下げられたが、それがAppleユーザーが永遠にマルウェアからは安全だということを意味するわけではない。私はこれまでにも何度も発言してきたが、もう一度言おう。エンドユーザーがだまされやすい存在であること、マルウェアが地下経済で収益化されているという前提が変わらない限り、Macのマルウェアの増加は市場シェアと主要なプラットフォームのアンチウイルス技術の効果の関数となる。これを証明するには、言葉に頼る必要さえない。私はゲーム理論による分析も提示している。

 この記事が掲載され、その後撤回されたということで、Joe Wilcox氏を含む一部のブロガーは、Macは基本的により安全であるため、マルウェアは出回らないという議論を展開している。

 現実には、マスマーケットのマルウェア作者は、新たな攻撃コードが存在するかどうかは気にしていない。また、彼らはどのサービスがもっとも脆弱かということも気にしていない。彼らが気にしているのは、正規のアプリケーションのように見え、エンドユーザーをだまして自分から進んでインストールさせるプログラムを書くことだ。悪者の標的が端末の前にいる人間である以上、追いかけられるのもその標的だけだ。

 Wilcox氏の議論にある根本的な誤解は、OSのセキュリティとマルウェアのセキュリティが等価だというものだ。この2つは同じものではない。システムアーキテクチャは、ユーザーが自分自身を傷つけるのを防ぐことはできない。マルウェア作者は、標的を変えることによって収益が得られるほど対象が多くなるのを待っているだけだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR