IBM、「MSフリー」の仮想デスクトップアプリケーションスイートを提供

文:Steven Musil(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一 2008年12月05日 13時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは企業顧客にMicrosoftとのつながりを断って欲しいようだ。

 米国時間12月3日夜のWall Street Journal(WSJ)によると、IBMはLinuxをベースとした仮想デスクトップアプリケーションスイートを提供するという。サーバ上で稼働するため、デスクトップの高度なハードウェアもMicrosoftのソフトウェアも必要としない。すでに入手可能となっているこのLinuxベースのソフトウェアパッケージはバックオフィスサーバで稼働し、顧客はシンクライアントから利用可能だと同紙は報じている。

 報道によるとこの「Virtual Linux Desktop」の価格は、選択したソフトウェアとサービスのレベルによって、1ユーザーあたり59〜289ドルになるという。IBMでは、企業顧客がこのソフトウェアパッケージを導入すると、Microsoftの「Windows Vista」「Microsoft Office」およびコラボレーションツールを維持するコストと比較して、1ユーザーあたり最大で800ドルを節約できると見積もっている、とWSJは書いている。

 IBMは、現在の経済状況からくる圧力が追い風となって、「Microsoftフリー」のスイートの魅力はさらに高まると見ている。

 「この方式でテクノロジを配備すれば、総コストの50%以上を節約できる」と、IBMでオープンソースおよびLinuxミドルウェア担当バイスプレジデントを務めるJeff Smith氏はWSJに語っている。「顧客はますます厳しさを増す経済状況に直面しており、お金の使い道すべてに目を向けている」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!