Vista SP2の「Beta 2」が誰でも入手可能に

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年12月06日 04時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週に入って指摘していたとおり、Microsoftは「Windows Vista」と「Windows Server 2008」の2回目のサービスパックのベータプログラムを提供する範囲を拡大した。

 米国時間12月4日現在、誰でもSP2の最新のテストバージョンをダウンロードできるようになった。これはVistaとWindows Server 2008の両方に適用される。以下からこれらの製品を入手できる:

 SP1はSP2のBeta 2バージョンの必要条件となる。(そして忘れてはならないが、Windows Server 2008はSP1と考えられている。RTMされた後、Windows Server 2008のための単独のSP1はリリースされていない

 VistaとWindows Server 2008のSP2最終バージョンは、来年前半に予期されている。Microsoftの目標は、「Windows 7」と「Windows 7 Server」(別名「Windows Server 2008 R2」)――同社が同時リリースを目指しているWindowsクライアントとWindows Serverの次期バージョン――をリリースする前にSP2を出すことである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!