セキュリティの問題でPHP 5.2.7が配布中止に

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年12月09日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソースプロジェクトのPHP Groupは、PHP version 5.2.7の配布を中止した。これは、一定の設定に影響のあるセキュリティ上のバグのためだ。

 Apacheの支援を受けたプロジェクトであるPHP Groupが掲載した情報によれば、PHPユーザーは、この問題が修正されたPHP 5.2.8がリリースされるまでは、version 5.2.6を使うべきだという。

 PHP 5.2.7リリースに発見されたセキュリティ上のバグにより、このバージョンは配布を中止された。このバグは、magic_quotes_gpcが有効とされた設定に影響があり、これが有効に設定されていても無効のままになってしまうという問題がある。PHP 5.2.8がリリースされるまでの間は、PHP 5.2.6を使用すること。

 magic quotes機能はPHP 6.0.0で廃止され、削除される。PHP Groupは「この機能を使用しないことを強く推奨する」と警告している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR