マイクロソフトのデータセンター設計者がアマゾンにくら替え

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年12月16日 05時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftのData Center FuturesチームのアーキテクトであるJames Hamilton氏が、Microsoftを離れてAmazon.comに加わることを決めた。TechFlashが最初に報じた

 Hamilton氏はMicrosoftではデータセンターのコンテナモデルを広めた功績で知られている。同氏はチーフソフトウェアアーキテクトであるRay Ozzie氏のLive Platform Services開発チームのメンバーであった。 Hamilton氏の関心分野には、「マルチテナントホステッドシステム、非常に大きなスケールのシステム管理、大規模なパラレルデータ管理、データベースセキュリティ、そして非構造化データ管理」が含まれている。Live Coreチームに加わる前には、Hamilton氏はMicrosoft Exchange Hosted Servicesチームのジェネラルマネージャーを務めていた。さらにその前はSQL Serverのアーキテクトであり、Security and Incubationチームのリーダーを務めた。

 Hamilton氏はAmazon Web Servicesチームのバイスプレジデントに就任する。(筆者はAmazonにHamilton氏の新しい役割についての詳細を尋ねたが、まだ回答は得ていない。)

 AmazonはMicrosoftがクラウドホステッド開発分野に参入することに備え、できることは何でもしている。Microsoftは同社幹部が公式に同社のAzureクラウドプラットフォームの詳細を明かした10月終わりに、同社の計画を説明した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!