ヤマハのルータとトレンドマイクロのセキュリティソフトが連携

吉澤亨史 2008年12月17日 19時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハとトレンドマイクロは12月16日、中小企業のIT利活用におけるセキュリティ強化と利便性の向上を図るため、協業すると発表した。第1弾として、ヤマハのファイアウォールルータとトレンドマイクロの法人向け総合セキュリティソフトの動作を連携させる。

 具体的には、ヤマハのファイアウォールルータ「SRT100」と、トレンドマイクロの法人向け総合セキュリティソフト「ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0」「Trend Micro ビジネスセキュリティ 5.0」が連携。セキュリティ対策製品が適切に運用されていないクライアントが、外部へ通信するのを防ぐポリシーチェック機能を利用できるようにする。

 ポリシーチェック機能は、ウイルスバスター Corp.もしくはビジネスセキュリティの管理サーバと連携し、セキュリティ対策を実施しているか、もしくはパターンファイルが最新であるかどうかを確認する。ユーザーが設定したポリシーに適合しないクライアントは、外部へのHTTP接続をブロックする。これにより、ウェブサイト経由の不正プログラム感染や情報漏えいを予防できるとしている。

 クライアントに新たなエージェントソフトをインストールしたり、既存のネットワーク構成を変更したりする必要なく導入でき、SRT100とトレンドマイクロ製品が自動で最新の情報を共有するため、設定のアップデートは不要とのこと。

 動作連携を実現するSRT100用ファームウェアは、2009年1月中にヤマハホームページ上にて無償で提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから