グーグル、ステータス情報などを表示する「App Engine」用ダッシュボードを発表

文:Larry Dignan(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年12月17日 12時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間12月16日、「Google App Engine」向けに詳細なシステムステータスを表示するダッシュボードを発表した。

 これは、機能停止などの場合に備えて透明性を高めるというクラウドプロバイダーとしての活動の一環である。

 Google App Engine Blogにおいて、同社は、帯域幅利用率やCPUなどの詳細情報を示すための、「App Engine System Status Site」と「Quota Details Dashboard」を用意したと述べた。Googleによると、クォータを超えた場合の情報を前もって示す請求処理用のダッシュボードも計画中であるという。

※クリックすると図が拡大されます
提供:Google

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR