マイクロソフト、Windows 7 Beta 1の招待状を送付

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年12月18日 09時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間12月16日、選ばれたテスターグループに「Windows 7 Beta 1」に参加するための招待状を送付した。

 招待された人々は「テクニカルベータテスター」と考えられる。Microsoftが招待者に送ったメモは以下の通りである:

 「(Windows 7)ベータは2009年初めまで提供されませんが、みなさんが始めてみたいと沸き立っていることは承知しているため、(Microsoft Connectサイトに)microsoft.beta.win7.lobbyをオープンし、みなさんが前回の参加者との旧交を温め始めるほか、新たなテスター仲間に出会うことができるようにしました。招待を受け容れた後はMicrosoft Connectにサインインして、「Windows 7 Beta Program」リンクをクリックすれば、ニュースグループにアクセスするための詳細な情報を得ることができます。

 「なお、わが社の顧客と方法に対する理解を深めるために、みなさんのことを教えて頂きたく、以下3種類の調査の完成をお願いしています。各調査には20〜40個の質問事項が含まれ、1調査を完成するのにおよそ20〜30分を要するでしょう。一度に全てを引き受ける必要はありませんし、今すぐにでなくても構いません。しかしある時点でみなさんにこれを完成して頂くようお願いしています。これを今年末まで(2009年1月1日より前)に完成された方にはお礼として、全3種類の調査を完成させた(あるいは「すでに引き受けた」と示した)参加者は抽選に含まれ、5名の当選者にWindows 7のロゴ入り玩具を提供いたします!」

 Beta 1は、Microsoftが一般向けに提供することを計画している初めての――そして聞いたところでは唯一の――Windows 7テストビルドとなるという。筆者はMicrosoftにこのテクニカルベータテスターがコードを入手してからどれほど後にBeta 1を一般にむけて提供する予定なのかと質問した。まだ回答は得られない。

アップデート:MicrosoftはBeta 1のパブリックリリースがいつ登場するかについてはコメントを拒否した。広報担当者はまた、Windows 7 Beta 1テクニカルベータテスターのプールに何人が参加しているのかとの質問にもコメントしなかった。

 Microsoft関係者はProfessional Developers Conferenceにおいて、Windows 7 Beta 1を2009年初期にリリースする計画であると述べていた。筆者のZDNetブログ仲間であるEd Bott氏は、Beta 1のリリース予定日を2009年1月13日と予測して覚悟を決めたようだ。

 つい最近まで、MicrosoftはWindows 7 Beta 1をクリスマス直前に提供する計画であった。つい先月、数人がWindows 7チームが「ベータエンジニアリングサインオフ」を12月10日に実施する予定だと述べていた。1週間のWindows 7の内部ベータリリースは12月11日から17日までの予定であった。そしてWindows 7の「ベータ製品提供」は12月17日より開始されることになっていた。筆者はこの12月17日という日が、Windows 7 Beta 1のパブリックベータのことだと様々な情報筋から聞いていた。

 Microsoftが現在、テクニカルベータテスターにコードを提供するのを新年に予定しているとするなら、Windows 7の最終版リリースは筆者がこの数週間聞いていた2009年半ばとの予定よりやや遅れるかもしれないと予想する。しかしWindows 7チームは依然として、2009年のホリデーシーズンにPCメーカーが新品PCにコードをプレロードするのに間に合うように提供できるように準備を進めているという話を聞いている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから