アップル、「Mac OS X 10.5.6」アップデート時の問題を認める

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年12月19日 17時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、一部のユーザーが「Mac OS X 10.5 Leopard」の最新アップデートをインストールする際に発生していた問題を認めた。最新アップデートは米国時間12月15日にリリースされている。

 Appleは同社サイトに掲載したサポートドキュメントで、「Mac OS X 10.5.6」をインストールする際に、「Configuring installation(インストールの設定中)」がウィンドウで表示されている段階でMacが停止する問題を記述している。これは恐らく、Software Updateプロセスに不完全なアップデートが入り込んだためで、Mac OS Xが、ダウンロードされた差分のアップデートをインストールしようとした場合にこの問題が発生するという。

 Appleは、この問題が発生するか、すでに発生してしまった場合、Software Updateを中止して、問題のアップデートを削除し、アップデートを再ダウンロードすることを推奨している。同社のサイトから、統合アップデートではなく、スタンドアロンのアップデートを選択した場合も同じ問題が発生するかもしれない。心配な場合は、統合アップデートを選択したほうがよい。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!