MS、カスタムPCメーカーのXP入手期限を2009年半ばまで延期

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年12月25日 06時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows XP」にまた執行猶予が与えられた。Microsoftはシステムビルダーが2009年5月30日まで引き続きWindows XPをPCにプレロードするためのコピーを入手できるようにした。

 システムビルダーがXPのコピーを発注できる日は2009年1月31日までと、Microsoftが昨年述べていた内容と変わらない。しかしシステムビルダーはこれらXPのコピーを1月31日までに全て溜め込んでおくが必要がなく、もっと段階的に5月30日まで受け取ることができるようになった。CRNが最初に指摘した。

 「システムビルダー」とは大手の良く名前が知られているPCメーカーのことではない。DellやHPはシステムビルダーではない。(大手PCメーカーはXPの発注を全て2008年6月30日までにMicrosoftに入れなければならなかった。)システムビルダーは時として「ホワイトボックス」ベンダーとも呼ばれ、パーツからカスタムPCを構築している。Systemax、Senaca Data、Cheap Guys Computersなどがその例である。

 もう1点注目に値することは:この新たな執行猶予は、低コストPCやネットブックのベンダーには適用されないようだ。Microsoftはすでにこれらのシステムのメーカーには遅めのXP取引終了日を提供している(2010年6月30日またはWindows 7が出荷されてから1年後のうちいずれか後に到来する日)。

 (Microsoftに筆者の低コストPCに関する想定が正しいかを確認する質問をした。まだ回答は得られていない。)

 CRNの記事は、Vistaを回避してXPをプレロードするための時間がもっと与えられたことについて、システムビルダー数社が喜んでいたことを引用している(もっとも彼らは露骨に非難することを避けるように慎重を期していた)。XPの提供終了日とWindows 7の提供の間に数カ月間の差があるとすれば、このようなチャンネルがどのような動きに出るかが見ものである。彼らは新しいカスタムPCにVistaをプレロードするのを避け続け、Windows 7まで待機するだろうか?

 システムビルダーあるいはカスタムPCの顧客で、この議論に加わりたい方はいませんか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR