インテル、第4四半期決算の見通しを下方修正

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年01月08日 10時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間1月7日、PCメーカー各社がチップの注文を削減したことを受け、第4四半期(10-12月期)の売り上げが当初の予測よりも20億ドル下回る見込みだと、警告を発した。

 Intelは11月12日にも第4四半期決算の予測を下方修正している。それから2カ月も経たないタイミングで、再度の下方修正が発表されることとなった。

 このたびの発表によると、第4四半期の売り上げは前年同期比23%減、そして前四半期比20%減に相当する82億ドルという。

 Intelは第4四半期の売り上げについて、11月12日時点では87億〜93億ドル、それ以前は101億〜109億ドルに着地するとの予想を示していた。

 売り上げの減少を招いた要因として、PCメーカー各社が注文を控えて、これまでの在庫のチップで生産を続けていることを挙げている。

 Intelはまた、株式投資や金利などの分野の収支についても、損失が拡大する見込みであることを明らかにした。前回までは5000万ドルと予測されていた損失額が今回、11億〜12億ドルに修正された。

 たとえば、Clearwireへの投資は第4四半期に9億5000万ドルの非現金費用として計上される。

 粗利益は前回の予測値である「55%前後という範囲のうちの下限」に達すると、Intelは述べている。

 研究開発費および一般管理費は、前回の予測28億ドルから26億ドルに下方修正されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!