投資家グループ、米ヤフー買収案を用意--TechCrunch報道

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年01月08日 11時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TechCrunchの報道によると、ある投資家グループが米Yahooの買収案をまとめつつあり、Microsoftに金銭的な後ろ盾を求めているという。

 この案では、投資家グループが全Yahoo株式を現在の株価(1月7日の終値で1株当たり13ドル)に約20%のプレミアムを上乗せして購入することになる。

 TechCrunchの報道によると、同投資家グループは、こういった条件の下で200億ドルの時価総額を有することになるYahooを買収すると同時に、Microsoftが2008年6月に提示していた買収条件と同等の条件で、Microsoftに対してYahooの検索事業およびマーケティング事業を売却するつもりであるという。

 Microsoftはこの案に同意する場合、これらの事業を投資家グループから取得できる一方、Yahooの買収に必要となる資金の多くを投資家グループに対して事前に提供することになる。TechCrunchによると、Microsoftはこの資金を投資家グループに対して貸与するというかたちをとり、投資家グループはYahooの今後のキャッシュフローに基づいて定額の支払いを行うことになるという。

 もっとも、この報道によるとMicrosoftはまだこの案に同意していないという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!