マイクロソフト、1月のセキュリティ情報の事前通知を発表

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年01月09日 13時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間1月8日、ハッカーによって遠隔地からコンピュータを支配される恐れがある「緊急」レベルの脆弱性1件に対応するパッチを、13日に公開する予定であると、事前通知で発表した。

 Microsoftは、「Patch Tuesday」(同社が最新パッチを公開する毎月第2火曜日)の一環として、太平洋標準時間14日午前11時にウェブキャストを行うことも計画している。セキュリティ情報はこの1件のみとなる予定。

 同社はまた、この脆弱性の深刻度を「Windows 2000」「Windows XP」「Windows Server 2003」に対しては「緊急」レベルに、「Windows Vista」「Windows Server 2008」に対しては「警告」レベルに分類している。

 「Microsoft Windows Malicious Software Removal Tool」の更新バージョンのほか、「Windows Update」および「Windows Server Update Services」のセキュリティ以外のアップデートも公開が予定されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?