Sambaのルートアクセスの脆弱性を検証--NTTデータ・セキュリティ

吉澤亨史 2009年01月09日 19時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータ・セキュリティは1月8日、Sambaにおけるルートアクセスの脆弱性の再現性について検証したと発表した。Sambaのバージョン3.2.6以前の環境において、Sambaへログインしたユーザー権限でターゲットシステムのすべてのディレクトリおよびファイルにアクセスされる脆弱性が発見されたことを受けて実施した。

 「Samba 3.2.6」がインストールされた「Red Hat Enterprise Linux Server 5」をターゲットシステムに、この脆弱性を利用したリクエストを送信してシステムのルートディレクトリにアクセスを試みた。

 この結果、ターゲットシステムに存在するユーザーの一覧を取得できた。このことから同社では、悪意あるユーザーにSSHなどから当該ユーザーに対するオンラインクラックを実施され、システムへのさらなる制御の奪取を許す危険性があるとしている。なお、この脆弱性を解消する修正パッチおよび修正バージョン(Samba 3.2.7)がベンダーからリリースされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!