古いマシンにWindows 7:マイクロソフトのジレンマ

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2009年01月15日 17時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 7」が最終的には古いハードウェア上でどれほどうまく動作するかについて、数人のブロガーが疑問を示している。Microsoftのユーザーがより高額なPCを購入するように説得するための新しい方法を常に探し続けてきた同社のハードウェアパートナーとの共生関係を踏まえると、これは興味深い疑問である。

 Windows 7のプレベータとベータリリースを使っている人たちの初期の報告からすると、Windows 7は、それほどパワフルでないプロセッサと最善とはいえないメモリを備えた古いマシンでも、かなりいい具合に動作しているようだ。実際のところ、過去数カ月間にわたり指摘されていたとおり、Windows 7は「Vista」に対応することができなかったネットブックの上でもよく動作している。(MicrosoftはWindows 7のサイズとメモリのスペースを縮小しながらも、Vistaカーネル上にそれを構築したのだ。)

 そうは言っても、Microsoftと同社のPCパートナーらは、ユーザーがWindows 7を古いマシン上で使うことにさほど乗り気であるとは思えない。彼らはユーザーに新しい、そしてできればより高額なPCを買うように推奨したい。(これはMicrosoftとOEMがマルチタッチを来るWindows 7 PCの新しい魅力的な機能として推し進めている理由の大きい部分を占めている。)Microsoftが古いXDDMドライバをWindows 7でサポートすることができたとしても、同社がそれをすることはなさそうだと思う。そうすればユーザーを新しいWDDMドライバモデルに移行させようとする意向と、ユーザーがもっと新しいPCを購入するようにさせたいという願望の両方について、矛盾したメッセージを送ることになってしまうからだ。

 Windows 7が最終版としてリリースされたときに、MicrosoftがユーザーにXPからWindows 7に直接アップグレードするオプションを提供するかどうか、あるいはVistaからWindows 7へのアップグレードのみを提供することになるかをみるのは興味深いことだ。出回っているほかのどのオペレーティングシステムよりも「Windows XP」がWindows 7にとって大きな競争相手となりそうだという点を踏まえると、このような疑問はさらに切迫したものとなる(市場シェアの観点からすると、ちょうど「IE6」が「IE7」や「IE8」の最も恐るべきライバルであるように。)

 Windows 7が古いPCの上でも遜色なく、あるいはもっと良い動作をみせるとしたら、真新しいWindows 7マシンを買うよりも、それを既存のPCにインストールすることを考えますか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR