インテル、米国とアジアで製造拠点5カ所を閉鎖--最大6000人の従業員に影響

文:Brooke Crothers(Spacial to CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、長谷睦 2009年01月22日 10時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間1月21日、生産能力を市場の現状に合わせるために複数の製造拠点を閉鎖すると発表した。5000〜6000人の従業員が影響を受ける見込みだ。

 世界最大のチップメーカーであるIntelは、「比較的古い」5カ所の製造拠点での生産を打ち切る。

 既存の組立ておよびテスト施設ではマレーシアのペナンにある2施設とフィリピンのカビテにある1施設を閉鎖するほか、2月20日には米国のオレゴン州ヒルズボロにある200mmサイズのウエハ製造工場での生産を中止すると、Intelでは述べている。さらに、カリフォルニア州サンタクララにある「D2」施設でのウエハ製造も中止するという。

 「関連する支援機能と合わせると、4カ所で行われる今回の処置は、世界各国の従業員5000〜6000人に影響する見通しだ。だが、すべての従業員がIntelを去るわけではない。一部の従業員には他の施設での職が提示される可能性がある。今回の措置は2009年末までに実施される」とIntelは声明の中で述べている。

 Intelは、最先端の45ナノメートルならびに32ナノメートルチップの製造機能に影響を及ぼすことなく、一部の古くなった設備の統合や合理化を行っていくと述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR